ユダヤの生命の樹

試験に受かる記憶術とは?

難関大学や医学部受験、司法試験などの難関資格の合格を目指している人はある程度の学力がある人達ばかりですが、記憶術を習得している人は暗記科目で有利になります。頭のいい人は、速読術や記憶術をこっそりと身につけていたりするものです。どうりで勉強ができるわけです。ここでは、試験に受かるための記憶術ということで、ユダヤ式記憶術というものを紹介します。名前からして、いかにもデキそうなイメージがありますが、ユダヤ式記憶術は海外から輸入されてきた方法です。元々は日本になかった手法なのですね。

 

ユダヤ式記憶術を日本に持ち込んだのは、松平勝男という人物です。松平勝男は記憶術をはじめ語学の教材を手がけている人物です。コンサルティングなどの仕事もしているため、教材開発だけでなく、いろいろな事をやっている、謎が多い人物といった印象です。ユダヤ式記憶術は試験対策に特化しているので、暗記科目の攻略に最適です。試験対策に特化しているというのは、大量に暗記した事項を答案作成のとき、すぐに思い出せるという特徴です。試験のときに忘れてしまっていたり、なかなか思い出せないようであれば、試験には不向きです。ユダヤ式記憶術であれば、答案作成に向いているので、難関試験の合格をサポートしてくれるでしょう。

 

本当にユダヤ式記憶術が試験に向いているのかどうかは、ジニアス記憶術や藤本式記憶術など、他の記憶術と比較してみてもいいと思います。


Copyright (C) 2009 学習教材の紹介 All Rights Reserved.

ユダヤの暗記法